じょじろ~通信

気まぐれなじょじろ~が更新するつぶやきコーナー

歯の事

去年の12月にもブログで書きましたが。

前回は右下の親不知を抜くために右上の親不知を抜いた話をしましたが、その後右下の親不知のCTを撮った結果、腕のいい先生を紹介され先月下旬に都内の大学病院に行きました。
そんで、その時にはレントゲン、今月半ばにCTを撮り、今月末についに抜くことに。

…テンションは下がってます。
「これは大変かもね~、時間かかるかもね~、1回では終わらないかも」と先生笑って怖いこと言うし。。

そんでニコニコしながら「記念にもらっとく?」とCTの写真をもらいました。
そーいや、上の歯を抜いた時も「記念にどうぞ」って歯をもらったわ。
歯医者の先生はあげるの好きなのか?

oyashirazu_shita.jpg

お分かりいただけたでしょうか。
隣の歯はキレイに根がまっすぐ下に伸びていますが、親不知はそもそも斜めに生えている上、左右の根っこがお互いを向くように90度に曲がってます。

…たしかにこれじゃあ、引っ張っても抜けないよね。。

じゃあどうするか?

先生がおっしゃるには、歯を真っ二つに割ってからそれぞれの根っこを抜くことになるらしい。


……割る?歯って簡単に割れるものなの??


…はぁ歯だけにため息しかでないわ。
スポンサーサイト
ぼやき | コメント:0 | トラックバック:0 |

4年前に認識しなくなったHDDを弄ってみたら復活した件

どもども、ご無沙汰しております。
もはやテンプレの挨拶となっております、じょじろ~です。

ふわっふわした生活を送っています。気持ち的に。


今回はたまにやり出す機械いじりの話。
テレビを購入した時におまけとしてついてきた500GのHDD。
約5年間録画用としてテレビにくっつけて使っていたんだけど、ある日突然認識されなくなりました。

ヒューーン、カリカリカリ、シューン…
ヒューーン、カリカリカリ、シューン…

読み込もうとしてうまく読み取れず力尽きる、というのを繰り返していて、
PCにつないでも認識するところまで行かない。。
明らかに物理的な故障だなと思い、捨てるのも面倒でしまいこんでいたんだけど、
諦めるのはまだ早い、分解して修理しよう!的なチャレンジャーなサイトを見つけたので以前、なんかのきっかけで購入したちょっと特殊なドライバーも手元にあったため(HDDをバラすために必要)、どうせ使えないしHDDの内部構造を生で見てみようと思いやってみました。まあ一応修理しようって体で。

で、ちなみにそのチャレンジャーなサイトはこちら(『素人でもできるHDDの修理と復旧方法』)。
丁寧に説明されているので本気で救済したくて、うっかりこのブログに辿り着いてしまった方はそちらのサイト様を参考にしてください。自分はやったことしか書けませんので。

まずシールで隠されていたネジを外して粘着剤でくっついている蓋をベリベリはがしてみた。するとさすが精密機械、ディスクの鏡面がもんのすごく綺麗。今まで見てきたどんな鏡よりも綺麗だと思う。残念ながらそこに映る自分の顔までは綺麗に見えないけど。で、先述したとおり自分のHDDは読み込む時に不具合が出てるようなので、ディスクの横にあるレコードの棒みたいな部分をドライバーでツンツンつっついてみた。そして、再び蓋をして試しに電源を入れてみるとシュー―ン、カリカリカリ…と動き続けてる様子。PCに繋いでみると認識されて、ちゃんと中身が見れた。
…うん、なんか直った。

昭和の頃の「テレビの映りが悪い時は叩けば直る」的な感じかな。
読み込む装置をツンツンしたことでいい感じにズレが生じて読み込めるようになったみたいです。
とは言えまたいつ不具合が出るかわからないので、早いうちに中身を別のHDDにコピーしておかなくては。…と思ったけど、録画されてる中身はそんなに大したものはありませんでした。。

壊れたHDD、捨てる前にいじってみるのはありかもしんない。
あ、ただし自己責任でお願いします。

直らないならディスクをバラして鏡にDIYしてみるのもアリかな。
ほんとに綺麗だから機会があったら見てみてください。

機械いじり | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |