じょじろ~通信

気まぐれなじょじろ~が更新するつぶやきコーナー

負の遺産

先日テレビでプロバスケットプレーヤーでありながら、公認会計士の勉強をして見事合格した人が紹介されていました。生半可な覚悟じゃとても務まらない、常に全力のすごい人。まだまだいろんなことに挑戦したいと言う彼に番組スタッフが「時間はあるんですか?」と聞くと、彼はさらっと「時間は作りますよ。」と言ってのけました。体にビビッと来るくらい感動した彼の言葉を、ソファで寝っ転がりながら煎餅を食いつつ聞いていたオレ、鼻血が出るほどかっこよすぎる彼の言葉に、思わず惚れそうになっちまいました。

どーも、じょじろ~です。
前回、前々回とオタッキーな話をしてしまいすいません。しかも長文。趣味の話はやばいね、止まらんわ(´∀`;)

オレは何かを作ることが好きです。それは漫画やイラストに問わず、時にはプラモだったり、時にはペーパークラフトだったり、時にはお菓子なんて事もあります。でもそのどれもが一過性のもので、ちょっと経つとすぐ飽きてしまう。なぜか飽きずに続けてこれたのが漫画やイラストでした。システムをいじって自分好みに組み換えていくパソコンいじりもその一つと言えると思います。だから自分は漫画描きというよりはクリエイターに近いのかもしれません。クリエイターというと無意味にかっこよく聞こえるけど、要は物を作る人です。そんなクリエイター精神で今までいろんな事に首を突っ込んできたので、当然その途中で様々な「負」の産物も生み出してきました。そう、いわゆる黒歴史とも言えるもの。。。
でも特にものづくりが趣味でない普通の人でも、1個や2個の負の産物はありますよね。学校の宿題で強制的に書かされた作文や、友達同士の交換日記、アニメに感化されて描いたものすごい展開の漫画、青春時代にうっかり綴ってしまったポエムなんかはまさにその極み。更にアーティスト気取りで作曲までした人もいるでしょう(真面目に音楽活動をしていた人は違いますよ)。オレ自身はポエムも曲も書いたことないけど、自分で見るのもためらう漫画ならあります。一片の面白さもないギャグ漫画( ̄ー ̄;)オレが今まで描いてきた漫画の中で唯一無二のギャグ漫画。これから先もこの漫画が日の目を見ることは絶対にありません。(きっぱり)
まあそれよりも人目に晒したくないものがあるんだけどね。今回パソコンのデータを整理してた時にとあるワードファイル(文書データ)を見つけました。それはなんと数年前に書いたコント。友達との話の流れで遊び仲間の前でミニコントをしようという事になり、ノリノリで書いたコント( ̄ー ̄;) そもそも本気で言ってたわけではなかったのか、出来上がったファイルを友達に送ったけど、その後その内容に関する一切のコメントなし。つまらないならつまらないと割とはっきり言ってくれる友達なのに、ノーコメント。まるでそんなもの始めからなかったかのように、話題に上ることは一切ありませんでした。そうなると、こちらとしても「どうだった?」と聞く勇気も出ず、そのまま元のファイルはパソコン内の片隅に放置され、数年の時が経ち、コントをやるくだりも含めてその記憶は忘却の彼方へと消えていきました。…それが、今目の前にある。ダブルクリックすれば開いてしまう状況においても、見るのが怖くてカーソルを合わせることすら憚られる。いっそ整理の際にうっかり消えてしまえばいいのに、と思いつつも、自分が何を書いたのか多少気にもなる(すでに内容は記憶から消去済み)。結局のところ、過去の自分を肯定できるようになったら開けようと、迷うことなくバックアップフォルダの奥底に封印しました。(超チキン)
皆さんもありませんか?自分が生み出してしまった見るのも恐ろしい負の遺産。

え?公開?もちろんあり得ません。(きっぱり)
スポンサーサイト
ささやき | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |