じょじろ~通信

気まぐれなじょじろ~が更新するつぶやきコーナー

10年前のノートPC(MX6630J)をwindows10にしてみようと試みてみた

いよいよwindows10への無償アップグレード期間も今月の29日で終わる。数年前に買ったデスクトップと1年くらい前に買ったWINDOWSタブレットの併用で全く使う機会がなくなり、押入れの肥やしになってたかつての相棒GATEWAYのMX6630J、2年前になんとかwindows7にしたのはこのブログでも書いたが、7のサポートが2020年で切れることを改めて思い出し、どうせダメだろなと思いつつせっかく無償なんだからとwindows10のアップグレードを試してみた。

001MX6630J


上のリンク先にも載せてあるけど、一応ここにもこのPCのスペック載せておく。

・CPU: Intel Pentium M 780 (2M Cache, 2.26 GHz, 533 MHz FSB)
・チップセット: Intel 915PM Express
・メモリ: PC2-4200 DDR2-SDRAM 2GB(1GB×2)
・GPU: ATI Mobility Radeon X600 SE 64MB
・SSD: CFD CSSD-PNM256WJ2(ATA)
・DVD: 日立LG GSA-4082N(DVD+R DL)
・液晶: 15.4型 WXGA(1,280×800)対応 TFT液晶
・無線LAN: Broadcom BCM43222 mini PCI 300Mbps

実際このスペックでwin10乗せたとしてまともに動くのかというツッコミはとりあえず置いといて、
002_win10_orz.jpg
どうせこんな画面が出てダメなんだろうな~と思ってたら、

003アップグレード中
おやおや、

004ようこそ
キ・タ・コ・レ!!!(゚∀゚)

005大変そう
でもちょっとムリさせちゃってる感が否めない。。。(・ω・`)
所要時間は実に1時間半。。

でも無事、windows10にアップグレード完了!!
…ん?完了?いやちょっと待て、解像度がおかしい。。前にもこんなこと、、デジャブか?

006デバイスマネージャー

ああああ…、前回と同じくまたディスプレイドライバがマイクロソフト標準のドライバになってる!(TдT)
ちなみに標準ドライバの解像度は1024×768、このノートの推奨解像度は1280×800、すんげえ見づらくなってるんだけど、撮った画像だとその残念な感じがよくわからなかったので割愛しました。

まあでも、前回経験してるから大丈夫やし、と煎餅片手に前回のブログ見ながら操作してたが、…あれ?一覧がない。。

<<前回(windows7を入れた時)>>
0072年前

<<今回>>
008一覧が表示され…ない!?
マ・ジ・カ・ヨ!!!Σ((T∀T))

その後、ドライバを求めてネットを駆けずり回りそれっぽいのを見つけてインストールするが、エラーが出たり、反応なかったり、、挙句の果てに一旦win7に戻してドライバのバックアップ取ってから再びwin10にして読み込ませてみたけど、
『このバージョンのwindowsをサポートしていません』という無慈悲な言葉で拒否られるという始末。
アップグレードできたから期待しちゃったけど、結局10年前、XP時代のPCではハードウェアが古過ぎたのか。。疲れも溜まって諦めモードでwin7に戻そうかなと思いながら何気なく弄くってたら、

009キタ――(゚∀゚)――!!
できた。(=゜ Д゜= ))アレ?

前回、win7の時も四苦八苦していろいろダウンロードしたりしてたけど、その時のデータが残ってたみたいで、とある操作をしてたらできた。
はっきりは覚えてないんだけど、どっかのサイトから"catalyst_8-31-100_vista32_rtm.exe"というものをダウンロードしてインストールしたみたい。そこに欲しかったドライバが入ってたのだ!

手順としては、上記のプログラムファイルを実行したのち、
010ディスク使用をクリック
先程のドライバを選択する画面で、「ディスク使用」をクリック。

011ディスク使用からの参照
"製造元のファイルのコピー元"の「参照」をクリックし、インストールされたファイルを選択する。
通常だとCドライブ直下のATI⇒SUPPORT⇒catalyst_8-31-100_vista32_rtm⇒Packages⇒Draivers⇒Display⇒LH_INF
と進んでいき、CL_37962.infファイルを選択すると、

012キタコレ!
"互換性のあるハードウェアを表示"にチェックが入ってるためピンポイントで欲しいドライバを表示してくれる。
「次へ」をクリックするとドライバのインストールが始まり、

013キタ――(゚∀゚)――!!2
インストールが完了!

ちなみに「互換性のあるハードウェアを表示」のチェックをはずすと沢山の候補が出てくるので、他のATIのディスプレイドライバがなくて困ってる人たちにも役に立つかも。014ちなみに


【総評】
懸念してたCPUの対応がOKだったため、アップグレードは難なくできた。今回のwindows10へのアップグレードNG理由で他のサイトでみかけるのがCPUにNXという機能(?)がないためらしくて、オレも初めは古いPCだから多分ダメだろうなあと思ってた。結局そこは問題なかったので、やるじゃん相棒!って思ってたらまた前回同様ディスプレイドライバの問題にぶち当たった。。これはもう本家のサイトではサポートやめてるし、10年前とかもう古すぎて善意でアダプタファイルを載せてたサイトも閉じちゃってたりして入手困難な状態だったが、前回ネットで漁りまくった時のものでなんとかなった。これでもうちょいこの相棒を生かしておける(´∀`*)
たださすがにスペック不足か、多少処理にもたついてる感があり、起動はwin7の時の方が気持ち早かった気がする。メイン機がいかれてどうしようもない時の臨時用としてくらいしか出番はなさそう。。

でもやっぱり初めて自分用として手に入れて、だいぶお世話になった奴だからまだ活躍の機会を残しておけるのが嬉しい。
世の中、特にPCとかスマホとかは数年で買い換える風潮になってしまってるけど、スペックを上げ続ける事で進化するのではなく、低スペックでも対応できるOSやらソフトの開発をしてくれると嬉しいんだけどな。商業的に考えると難しいだろうけど、同じものを長く愛着持って使い続けることができれば“MOTTAINAI”を実現できる環境に優しい世の中になると思う

スポンサーサイト
機械いじり | コメント:0 | トラックバック:0 |

初めて買った8年くらい前のノートPCにwindows7入れてみた

素人ながらメモリ増設やらHDD交換やら面白くて色々弄くり倒してきた愛用のノートPC、GATEWAYのMX6630Jなんスが、XPのサポートが切れるってことで今回win7入れてみた。つっても今現役で使ってるのは3年前に買ったデスクトップだからほとんど使わなくなってきてたんだけどね。それでもたまに使うことがあったから偶然にも同じ機種で実践してる方のブログを見つけたのでそれを参考に入れてみました。

そのブログのリンクです。
<6年前の古いノートPC(Gateway MX6630j)にWindows 7はインストールしてみる>

ちなみにオレのノートPCのスペックは、
・CPU: Intel Pentium M 780 (2M Cache, 2.26 GHz, 533 MHz FSB)
・チップセット: Intel 915PM Express
・メモリ: PC2-4200 DDR2-SDRAM 2GB(1GB×2)
・GPU: ATI Mobility Radeon X600 SE 64MB
・SSD: CFD CSSD-PNM256WJ2(ATA)
・DVD: 日立LG GSA-4082N(DVD+R DL)
・液晶: 15.4型 WXGA(1,280×800)対応 TFT液晶
・無線LAN: Broadcom BCM43222 mini PCI 300Mbps

リンク先の方のスペックと比較してみるとCPUが無駄にスペックアップしてるのがわかりますw
言っても今の時代にPentium M はもうきついですが。GPUも低いし。。。
でもこのスペックのPCにSSDw おかげで起動は早くなりましたw
そんで無線LANも54Mbps⇒300Mbpsにしたのでネットが快適になりました。

そんな大分遊び倒してるこのPC、一応もしもの時のために使えるようにしたかったのでまともに動くか半信半疑でしたがwin7を入れてみました。ちなみにwin7は32bitです。64bitはこのPCじゃ動かんでしょう。
そんでインストールした結果はリンク先の方とほぼ変わらないので細かいことは割愛しますが、この方同様オレもぶち当たったのはATIのビデオドライバでした。この方はATIのカスタムドライバであるDNA-ATiのWindows 7用Legacyドライバをインストールしてうまく言ったようですが、今現在リンク先が配布をやめちゃってるので手に入れることができず…。ネットを探し回ったけど結局ドライバは無く諦めかけてたんですが、なんとかかんとか弄くってたらうまくいったので今回はそれについての備忘録です。前置き長くてすいません。



画像はすでに解決した後にキャプチャしたものなので解像度合っちゃってますが、OSをインストールした直後は解像度の低い標準ドライバしか表示されていません。
ちなみにこのデバイスマネージャー画面は「スタート」⇒「コンピューター」を右クリック⇒「プロパティ」⇒開いた画面の左上にある「デバイスマネージャー」をクリックすると開けます。
ディスプレイドライバ1
この標準VGA互換ドライバーをダブルクリックし、プロパティを開きます。

ディスプレイドライバ2
ドライバータブの「ドライバーの更新」をクリック。

ディスプレイドライバ3
「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」をクリック。

ディスプレイドライバ4
「コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択します」をクリック。

ディスプレイドライバー5
「互換性のあるハードウェアを表示」のチェックをはずします。すると製造元の一覧が表示されます。

ディスプレイドライバー6
一覧の中から搭載されている製品を探します。このノートPCはATIのRADEON X600です。リストの中には複数の候補が出てきたので「RADEON X600 Series Secondary(Microsoft Corporation - WDDN)」を選択し、「次へ」をクリックします。

ディスプレイドライバ7
ドライバーの更新警告が表示されるので「はい」をクリックします。

ディスプレイドライバ8
少し待つとドライバーの更新が完了します。最後に「閉じる」をクリックして画面を閉じます。

ディスプレイドライバ9
もう一度デバイスマネージャーを開くと……インストールしたディスプレイアダプターが正常に表示されています。これで無事設定が完了です。

ディスプレイドライバ10
ちなみに画面のプロパティを開くとこんな感じです。

オレの時は「RADEON X600 Series Secondary(Microsoft Corporation - WDDN)」で上手くいきましたが、もしこのドライバーで駄目なようなら他のドライバーを試してみてください。それでも駄目な場合は、すいません、オレでは詳しいことがわからないので他の人を頼ってください。。。

初めは上のブログで紹介されているATIのカスタムドライバが入手できずに途方に暮れましたが、あれこれいじくり何とか適応できた時は涙ものでした。これでもう少しだけこのノートパソコンを使い続けられそうです
機械いじり | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |