FC2ブログ

前置きだらけの備忘録?(RECBOX HVL-AT3.0AのHDD換装)

最近、じめってはいますが気温的にそこそこ過ごしやすいですよね。
でも梅雨ってこんなに長かったっけ…?

6月はちょいちょい更新してたのにまたぱったり更新が滞っていたじょじろ~です。
しかもこの久々の更新が機械いじりの備忘録…。だらだらと興味のない文章を書きまくっているので適当にスルーしてくれて大丈夫です。
すぐ近況についてのブログを更新するつもりですので…、多分。

でまあ何で創作真っ最中のこの時期に機械いじりのブログなのかというと、自分は観たい番組は取りあえず録ってあとで観る派なんですが、創作やってる最中はほぼ観てないし、別の事をやってる時もやっぱり観ていない、というか描きながら観るっていう芸当が出来ないので、録ったものを観るのはいつも後回しなんす。
で、ここんとこそんな状態が続いていたので録画用のHDDはいっぱいいっぱい。
暫定運用として、観そうにない番組を消して容量を確保してる状態。
そんなことを続けていたら消すのをためらうものばかりになってしまいHDDの空きが作れなくなってしまいました。

観たら消すことがほとんどですが、たまに残しておきたいモノもあって、それは保存用のHDDに入れておくんですけどその保管庫も数年前からもう一杯で、そのまま録画用のHDD内に放置していたので余計に録画用HDDを圧迫していました。
そんなわけで今回以下の事をすることに。
・保存用HDDを倍の容量のHDDに換装にして容量アップ
・本編以外のCM部分をカットして一つ一つの番組の容量サイズ削減

特に残したいと思ったものは基本ブルーレイにも焼いているのでそれも合間に実施。まあこれはそんなに数ないし。

ちなみに保存用HDDとして自分はRECBOXというLAN-HDDを使っています。
最新の機種は欲しい機能がだいぶ削られているので、5年くらい前に出回ってたヤツを2台所有してて、今回はデータの移行作業も兼ねてもう一台手に入れました。新品は値段がつり上がっているので中古を(とはいえ中古も希少なのでそれなりに…)。どのみち弄っちゃうから保障対象外になるし新品の選択肢はハナからないです。
(ちなみに型番はHVL-AT3.0が1台とHVL-AT3.0Aが2台)
つーかそもそもの問題としてHDDは壊れたら中身が全部おじゃんになるので保管庫としてのリスクは高いんですよね。容量増やせばその分壊れた時のショックも大きいとは思います。だから特に気に入ったのはBlu-rayディスクに残すんですけど。(←これもリスクがないわけじゃないけど、常に稼働させるHDDよりはマシかなと)

そして実はそのリスクはもうすでに体験済みでして。
自分は結構前からひかりTVにも契約していてこちらでCS放送をバンバン録っていたのですが、こちらはほとんど手付かずでHDDいっぱいにしたままで予約も入れたままだったのが悪かったのか、気が付いたら2TBのHDDはご臨終となられていました…。
これは単なる推測ですが、家電メーカーのレコーダーはHDDがいっぱいになると「予約できないよ~」という警告を出してHDDには何もしないんですが、ひかりTVチューナーはHDDがいっぱいになっても何も言わないし、それどころか予約を入れたままにしておくと毎回書き込もうとするみたいなんですよね。現に録画リストを見ると録れてなくても番組タイトルは表示されていてその横に0%と表示されている。この録画リストのテキストデータがどこに保存されているかわかりませんが、もしかしたらもう限界状態のHDDのわずかな隙間に書き込んでいるのではないかと。それがHDDに負荷を与え続ける結果になり早々にお亡くなりになってしまったのかと思いました。HDDを常にいっぱいにしておくのはよくないって聞いたことがある気もするし。多分家電メーカーのレコーダーはHDDに負荷がかからないように設計されているのかもしれません。じゃなきゃ俺のレコーダーはとっくに壊れてると思う。
…つーか、話が長い。

ちなみにひかりTVのHDDに関しては放置が過ぎてもはや何を録っていたのか定かではないため、ショックはそれほどでもありませんでした。純粋に壊れた事に対するショックのみ。
使い方もあるけど、HDDは一定期間経ったら新しいものに変えたほうがリスクは低くなるので、その意味も含めてRECBOXのHDDを交換することにしました。既に買って5年以上経過しててメーカーの無料保証もとっくに切れてるし。

そんなこんなでリスクの多いHDD、それでもRECBOXに保存するのは便利だからという理由に尽きます。
自分は面倒くさがりなので、ディスクに保存したら滅多に観ることがなくっちゃうので、手軽に観れるっていうのが最重要課題でして。このRECBOXというやつは家の中だろうが、外出中だろうが、PCでもタブレットでも、スマホでも観れるのが最大の利点です。ちなみに最新の機種は家の中だけで、しかもスマホでは観れないらしい。
つかそれなら配信サービス使えばいいやん。って大半の人が思うだろうし、実際世の中がそういう流れになってきているのでRECBOXの後継機の機能がどんどんショボくなったのだと思います。今の時代、「録って残す」は時代遅れなんですよね。直近の放送されたものは1週間程度なら無料で観れるし、月額払えばもの凄い数の作品が見放題。一方「録って残す」はその作業もしなきゃならないし、手間です。壊れて消えるリスクもある。何でも簡単に享受できてしまう今の世の中に逆らってるとも言えます。
そもそもテレビ観ない人今多いですよね。映画もドラマもアニメもニュースもスポーツも、ほとんどのジャンルがネットから享受できる。ゲームも買い物も何でもネットで事足りる。
でも自分はそれが偏食に繋がるような気がして、自分の興味のないモノ、知りさえしないものを偶然見かけて興味を抱く瞬間が好きで、選択する世の中ってなんか自分に合ってないなあって思うんです。
保存してる番組はほとんど自分の好きな物ばかりではありますが、偶然見て面白いと思ったモノも保存ができていつでも観れるのは凄く自分にとっては便利なんです。ちょっとした5分程度の番組だったり、制作サイドや役者の不祥事とか時代の風潮に合っていないとかで世に出回らなくなった番組もあるじゃないですか。でも観たいものもある。その点においては録って保存は利点ですよね。

…つか、備忘録でした、今回。
相変わらず校長先生のようにグダグダと話が長くてなかなか本題に入らないので、いい加減余計な話はやめにします。
はい、ここから備忘録。

今回3台中2台のRECBOX(HVL-AT3.0A)を3TBから6TBのHDDに換装してみました。
用意したHDDはWDの青いやつ。(WD60EZAZ-RT)
6TBで1万円。随分安くなったよねHDD。

換装する際の細かい手順は
RECBOX(HVL-AT3.0A)のハードディスクを6TBに乗せ換えてみた
こちらのブログ記事を参考にさせていただきました。
※ただ「gparted」を使って6番目のパーティションを拡げる操作は、クローンコピー時の設定のせいなのか、掲載されていた通りの操作が出来ず(拡げられず)一度パーティションを削除し、未割り当てにした後、ファイルシステムを「xfs」にして新規作成しました。

大まかな流れは
①追加購入した空のRECBOXを3TB⇒6TBに換装して、容量いっぱいになってるRECBOXから録画データを移行(数日)

②移行して空になったRECBOXを3TB⇒6TBに換装して、もう一つのいっぱいになってるRECBOXから録画データを移行(数日)

③空になった最後のRECBOXは初期化して何かあった時の退避用に保管。

てなかんじ。合間にPC使って録画用HDDに保存してあるデータの編集をしておいて、RECBOXのHDD換装作業が終わったらそちらに保存します。
…ん?「します」?
そう、実はまだ終わってません。つーか①の最中。データ移行時間がクソ長ぇ…😇

今後は2台、計12TBを上限にして番組を残していくことにします。番組を無限に増やしていくのも大変だし。
RECBOXのデータ移行は録画データをすべて選択して一括転送すると5日間くらいかかるし、4分の1くらい転送失敗するしでわりとめんどい。その間ずっとHDD回しっ放しってのも環境的にどうなのかと…。
しかも一括転送すると送り元のRECBOXの転送後の情報再構築に割と時間がかかるので、数時間「コンテンツ操作」画面開こうとしても何も表示されず、長時間稼働させ続けたせいで壊れたのかと思いました。
結果的には数時間後、何事もなかったかのように正常に表示されたのでホッとしましたが…。
とまあそんあ事情の訳でして転送失敗した残りを何回かに分けて転送してる最中であります…。

ちなみにお役御免となった元々の3TBのオリジナルHDDはこれがないと換装したHDDに不具合があった時、直せなくなっちゃうらしいので、ケースに入れて保管することにしました。中身だけ抜いてBlu-rayにイメージディスクとして保存する方法もあるらしいけど(その場合は3TBHDDは他の用途に使える)、もう疲れたからヒマがある時にやる事にします。

長時間の作業で疲れたってのもあるけど、それよりなによりこれやっている間、全然創作はかどらなかったのが一番問題。

ちょっとスキームを見直して創作も合間にやりつつ、データ移行はちまちまやっていきたいと思います。


画像が一切ない上に長文だと読むほうも疲れますよね。
ここまで読んでくれた方、本当にありがとうございました。長文でスマソ。



※※ここからちょっと後日談※※

今回のブログを書いた後、ある問題点が発覚しました。
①トランスコーダーは正常
▲画面上は「正常」となってるけど、トランスコーダーが機能していないようです。
トランスコードとは、オリジナルのデータだと容量がでかくてネットの回線速度によってはまともに再生できないため、低画質に変換して低容量で配信することによってスムーズに再生できるようにする機能。
②画質選択画面
▲PCでの視聴は無圧縮で配信するから再生できるけど、スマホはトランスコードが必須なので画質選択の画面は表示されるものの再生はできない。選択画面が出るという事はトランスコーダー本体が認識していないのではないとは思うけど…。

③圧縮待ち
このトランスコードはオリジナルのデータそのものを圧縮保存する機能もあるけど、やはりそれも「圧縮待ち」のまま数日たっても変わらず…。

再起動とか初期化とかいろいろ試したけど改善せず、どうやらクローンコピーでも何かしらの不具合が出てしまう模様…。いえ、実のところ断定はできません。というのも、オリジナルのHDDに換装し直しても同様の症状が出たので…。
ただの映像保管庫じゃなくて、いつでもどこでも観れるってところにこの製品の存在価値があるのに、それが出来ない…。
そして、ショックを受けつつ今後どういう風にこれらを運用していこうか悩んで数日が経ったある日、

なぜかトランスコーダーが復活!!(∩´∀`)∩
無事スマホからでも再生できるようになりました。(▼圧縮保存もOK「HR」は圧縮されると表示されるアイコン)
④圧縮完了

一体何が起きたのやら、専門的な知識が一切ない自分としては全く理由はわかりません。。

取りあえず確実とはいえませんが暫定対処として、再起動が有効のようです。再起動ではなく、一旦シャットダウンして、しばらく放置してから起動した場合もトランスコーダーが復活した事があります。ちなみにチェックディスクでは一度も効果は見られませんでした。
思い返してみれば、再起動した後にトランスコーダーが使えなくなってた気もするので電源オンオフがトリガーなのかもしれません。

というか、さらに言うとこのRECBOXってシロモノは以前から動作が不安定と感じることがあったので、HDD換装自体はあまり関係なく元々こんな調子だったのかも。(これを言うと後日談の考察が水の泡ですが…)
今回顕著に不具合に見舞われたのはHDD換装にあたり、動作チェックとかを頻繁にしたから感覚的に多く感じただけなのかもしれません。普段は再起動や電源オフなんて滅多にしませんし。

…という事で、何が起こるかわからないRECBOXのHDD換装。探してここに行き着いた方もどうか自己責任で、おかしくなってもいいや位の気持ちでチャレンジして下さい。
最悪、有償修理ができるかもしれませんが、HVL-ATシリーズは2015年の3月に、HVL-ATAシリーズは2015年12月に生産終了していて、メーカーの修理期限は生産終了後5年らしいので、現時点でHVL-ATシリーズはもう受け付けてくれない可能性もあります。メーカーの部品の在庫状況によっては5年を待たずして受付終了となる場合もあるらしいので、その辺も考慮して臨んでください。
スポンサーサイト



爆!速!

…って程でもないけど。

7年前に買ったパソコン、一度起動したら特にストレスなく動いてくれるんだけど、立ち上げがとにかく遅い。電源入れて立ち上げが終わるまで10分近くかかるし、一つ一つのアプリケーションの立ち上げもノロノロしてて…。
来年にはWindows7のサポートも切れるし、10に上げる前にスペックも上げておこうかとSSDに変えてみました。
…なんてサラッと言ったけど作業に2日かかりました。
バックアップを取って、システム以外のデータを一旦別のHDDに移して、システムだけになったHDDからSSDにクローンコピーして、元のHDDを初期化して、データを初期化したHDDに戻して、あとは何やかんや設定をし直して…とちまちま作業してました。

でもそのおかげで電源からの立ち上げが1分もかからなくなったし、アプリケーションもサクサク立ち上がるように( ´∀`)

そのおかげか10へのアップグレードは1時間程度で終わりました。
ただその後にやった更新プログラムのインストールに1時間半かかったけど…。

10では使えないと思ってたアプリケーションも特に問題なく動いてるし、ようやく大方設定も終わり数日前に注文したメモリも届いたので増設して移行作業も落ち着きました。これで創作に戻れる。






…ってな記事を約2ヶ月前(9/18)に書いてそのまま放置してたからアップしてみた。
今回はすぐ更新しちゃうと思うけど。

4年前に認識しなくなったHDDを弄ってみたら復活した件

どもども、ご無沙汰しております。
もはやテンプレの挨拶となっております、じょじろ~です。

ふわっふわした生活を送っています。気持ち的に。


今回はたまにやり出す機械いじりの話。
テレビを購入した時におまけとしてついてきた500GのHDD。
約5年間録画用としてテレビにくっつけて使っていたんだけど、ある日突然認識されなくなりました。

ヒューーン、カリカリカリ、シューン…
ヒューーン、カリカリカリ、シューン…

読み込もうとしてうまく読み取れず力尽きる、というのを繰り返していて、
PCにつないでも認識するところまで行かない。。
明らかに物理的な故障だなと思い、捨てるのも面倒でしまいこんでいたんだけど、
諦めるのはまだ早い、分解して修理しよう!的なチャレンジャーなサイトを見つけたので以前、なんかのきっかけで購入したちょっと特殊なドライバーも手元にあったため(HDDをバラすために必要)、どうせ使えないしHDDの内部構造を生で見てみようと思いやってみました。まあ一応修理しようって体で。

で、ちなみにそのチャレンジャーなサイトはこちら(『素人でもできるHDDの修理と復旧方法』)。
丁寧に説明されているので本気で救済したくて、うっかりこのブログに辿り着いてしまった方はそちらのサイト様を参考にしてください。自分はやったことしか書けませんので。

まずシールで隠されていたネジを外して粘着剤でくっついている蓋をベリベリはがしてみた。するとさすが精密機械、ディスクの鏡面がもんのすごく綺麗。今まで見てきたどんな鏡よりも綺麗だと思う。残念ながらそこに映る自分の顔までは綺麗に見えないけど。で、先述したとおり自分のHDDは読み込む時に不具合が出てるようなので、ディスクの横にあるレコードの棒みたいな部分をドライバーでツンツンつっついてみた。そして、再び蓋をして試しに電源を入れてみるとシュー―ン、カリカリカリ…と動き続けてる様子。PCに繋いでみると認識されて、ちゃんと中身が見れた。
…うん、なんか直った。

昭和の頃の「テレビの映りが悪い時は叩けば直る」的な感じかな。
読み込む装置をツンツンしたことでいい感じにズレが生じて読み込めるようになったみたいです。
とは言えまたいつ不具合が出るかわからないので、早いうちに中身を別のHDDにコピーしておかなくては。…と思ったけど、録画されてる中身はそんなに大したものはありませんでした。。

壊れたHDD、捨てる前にいじってみるのはありかもしんない。
あ、ただし自己責任でお願いします。

直らないならディスクをバラして鏡にDIYしてみるのもアリかな。
ほんとに綺麗だから機会があったら見てみてください。

10年前のノートPC(MX6630J)をwindows10にしてみようと試みてみた

いよいよwindows10への無償アップグレード期間も今月の29日で終わる。数年前に買ったデスクトップと1年くらい前に買ったWINDOWSタブレットの併用で全く使う機会がなくなり、押入れの肥やしになってたかつての相棒GATEWAYのMX6630J、2年前になんとかwindows7にしたのはこのブログでも書いたが、7のサポートが2020年で切れることを改めて思い出し、どうせダメだろなと思いつつせっかく無償なんだからとwindows10のアップグレードを試してみた。

001MX6630J


上のリンク先にも載せてあるけど、一応ここにもこのPCのスペック載せておく。

・CPU: Intel Pentium M 780 (2M Cache, 2.26 GHz, 533 MHz FSB)
・チップセット: Intel 915PM Express
・メモリ: PC2-4200 DDR2-SDRAM 2GB(1GB×2)
・GPU: ATI Mobility Radeon X600 SE 64MB
・SSD: CFD CSSD-PNM256WJ2(ATA)
・DVD: 日立LG GSA-4082N(DVD+R DL)
・液晶: 15.4型 WXGA(1,280×800)対応 TFT液晶
・無線LAN: Broadcom BCM43222 mini PCI 300Mbps

実際このスペックでwin10乗せたとしてまともに動くのかというツッコミはとりあえず置いといて、
002_win10_orz.jpg
どうせこんな画面が出てダメなんだろうな~と思ってたら、

003アップグレード中
おやおや、

004ようこそ
キ・タ・コ・レ!!!(゚∀゚)

005大変そう
でもちょっとムリさせちゃってる感が否めない。。。(・ω・`)
所要時間は実に1時間半。。

でも無事、windows10にアップグレード完了!!
…ん?完了?いやちょっと待て、解像度がおかしい。。前にもこんなこと、、デジャブか?

006デバイスマネージャー

ああああ…、前回と同じくまたディスプレイドライバがマイクロソフト標準のドライバになってる!(TдT)
ちなみに標準ドライバの解像度は1024×768、このノートの推奨解像度は1280×800、すんげえ見づらくなってるんだけど、撮った画像だとその残念な感じがよくわからなかったので割愛しました。

まあでも、前回経験してるから大丈夫やし、と煎餅片手に前回のブログ見ながら操作してたが、…あれ?一覧がない。。

<<前回(windows7を入れた時)>>
0072年前

<<今回>>
008一覧が表示され…ない!?
マ・ジ・カ・ヨ!!!Σ((T∀T))

その後、ドライバを求めてネットを駆けずり回りそれっぽいのを見つけてインストールするが、エラーが出たり、反応なかったり、、挙句の果てに一旦win7に戻してドライバのバックアップ取ってから再びwin10にして読み込ませてみたけど、
『このバージョンのwindowsをサポートしていません』という無慈悲な言葉で拒否られるという始末。
アップグレードできたから期待しちゃったけど、結局10年前、XP時代のPCではハードウェアが古過ぎたのか。。疲れも溜まって諦めモードでwin7に戻そうかなと思いながら何気なく弄くってたら、

009キタ――(゚∀゚)――!!
できた。(=゜ Д゜= ))アレ?

前回、win7の時も四苦八苦していろいろダウンロードしたりしてたけど、その時のデータが残ってたみたいで、とある操作をしてたらできた。
はっきりは覚えてないんだけど、どっかのサイトから"catalyst_8-31-100_vista32_rtm.exe"というものをダウンロードしてインストールしたみたい。そこに欲しかったドライバが入ってたのだ!

手順としては、上記のプログラムファイルを実行したのち、
010ディスク使用をクリック
先程のドライバを選択する画面で、「ディスク使用」をクリック。

011ディスク使用からの参照
"製造元のファイルのコピー元"の「参照」をクリックし、インストールされたファイルを選択する。
通常だとCドライブ直下のATI⇒SUPPORT⇒catalyst_8-31-100_vista32_rtm⇒Packages⇒Draivers⇒Display⇒LH_INF
と進んでいき、CL_37962.infファイルを選択すると、

012キタコレ!
"互換性のあるハードウェアを表示"にチェックが入ってるためピンポイントで欲しいドライバを表示してくれる。
「次へ」をクリックするとドライバのインストールが始まり、

013キタ――(゚∀゚)――!!2
インストールが完了!

ちなみに「互換性のあるハードウェアを表示」のチェックをはずすと沢山の候補が出てくるので、他のATIのディスプレイドライバがなくて困ってる人たちにも役に立つかも。014ちなみに


【総評】
懸念してたCPUの対応がOKだったため、アップグレードは難なくできた。今回のwindows10へのアップグレードNG理由で他のサイトでみかけるのがCPUにNXという機能(?)がないためらしくて、オレも初めは古いPCだから多分ダメだろうなあと思ってた。結局そこは問題なかったので、やるじゃん相棒!って思ってたらまた前回同様ディスプレイドライバの問題にぶち当たった。。これはもう本家のサイトではサポートやめてるし、10年前とかもう古すぎて善意でアダプタファイルを載せてたサイトも閉じちゃってたりして入手困難な状態だったが、前回ネットで漁りまくった時のものでなんとかなった。これでもうちょいこの相棒を生かしておける(´∀`*)
たださすがにスペック不足か、多少処理にもたついてる感があり、起動はwin7の時の方が気持ち早かった気がする。メイン機がいかれてどうしようもない時の臨時用としてくらいしか出番はなさそう。。

でもやっぱり初めて自分用として手に入れて、だいぶお世話になった奴だからまだ活躍の機会を残しておけるのが嬉しい。
世の中、特にPCとかスマホとかは数年で買い換える風潮になってしまってるけど、スペックを上げ続ける事で進化するのではなく、低スペックでも対応できるOSやらソフトの開発をしてくれると嬉しいんだけどな。商業的に考えると難しいだろうけど、同じものを長く愛着持って使い続けることができれば“MOTTAINAI”を実現できる環境に優しい世の中になると思う

初めて買った8年くらい前のノートPCにwindows7入れてみた

素人ながらメモリ増設やらHDD交換やら面白くて色々弄くり倒してきた愛用のノートPC、GATEWAYのMX6630Jなんスが、XPのサポートが切れるってことで今回win7入れてみた。つっても今現役で使ってるのは3年前に買ったデスクトップだからほとんど使わなくなってきてたんだけどね。それでもたまに使うことがあったから偶然にも同じ機種で実践してる方のブログを見つけたのでそれを参考に入れてみました。

そのブログのリンクです。
<6年前の古いノートPC(Gateway MX6630j)にWindows 7はインストールしてみる>

ちなみにオレのノートPCのスペックは、
・CPU: Intel Pentium M 780 (2M Cache, 2.26 GHz, 533 MHz FSB)
・チップセット: Intel 915PM Express
・メモリ: PC2-4200 DDR2-SDRAM 2GB(1GB×2)
・GPU: ATI Mobility Radeon X600 SE 64MB
・SSD: CFD CSSD-PNM256WJ2(ATA)
・DVD: 日立LG GSA-4082N(DVD+R DL)
・液晶: 15.4型 WXGA(1,280×800)対応 TFT液晶
・無線LAN: Broadcom BCM43222 mini PCI 300Mbps

リンク先の方のスペックと比較してみるとCPUが無駄にスペックアップしてるのがわかりますw
言っても今の時代にPentium M はもうきついですが。GPUも低いし。。。
でもこのスペックのPCにSSDw おかげで起動は早くなりましたw
そんで無線LANも54Mbps⇒300Mbpsにしたのでネットが快適になりました。

そんな大分遊び倒してるこのPC、一応もしもの時のために使えるようにしたかったのでまともに動くか半信半疑でしたがwin7を入れてみました。ちなみにwin7は32bitです。64bitはこのPCじゃ動かんでしょう。
そんでインストールした結果はリンク先の方とほぼ変わらないので細かいことは割愛しますが、この方同様オレもぶち当たったのはATIのビデオドライバでした。この方はATIのカスタムドライバであるDNA-ATiのWindows 7用Legacyドライバをインストールしてうまく言ったようですが、今現在リンク先が配布をやめちゃってるので手に入れることができず…。ネットを探し回ったけど結局ドライバは無く諦めかけてたんですが、なんとかかんとか弄くってたらうまくいったので今回はそれについての備忘録です。前置き長くてすいません。



画像はすでに解決した後にキャプチャしたものなので解像度合っちゃってますが、OSをインストールした直後は解像度の低い標準ドライバしか表示されていません。
ちなみにこのデバイスマネージャー画面は「スタート」⇒「コンピューター」を右クリック⇒「プロパティ」⇒開いた画面の左上にある「デバイスマネージャー」をクリックすると開けます。
ディスプレイドライバ1
この標準VGA互換ドライバーをダブルクリックし、プロパティを開きます。

ディスプレイドライバ2
ドライバータブの「ドライバーの更新」をクリック。

ディスプレイドライバ3
「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」をクリック。

ディスプレイドライバ4
「コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択します」をクリック。

ディスプレイドライバー5
「互換性のあるハードウェアを表示」のチェックをはずします。すると製造元の一覧が表示されます。

ディスプレイドライバー6
一覧の中から搭載されている製品を探します。このノートPCはATIのRADEON X600です。リストの中には複数の候補が出てきたので「RADEON X600 Series Secondary(Microsoft Corporation - WDDN)」を選択し、「次へ」をクリックします。

ディスプレイドライバ7
ドライバーの更新警告が表示されるので「はい」をクリックします。

ディスプレイドライバ8
少し待つとドライバーの更新が完了します。最後に「閉じる」をクリックして画面を閉じます。

ディスプレイドライバ9
もう一度デバイスマネージャーを開くと……インストールしたディスプレイアダプターが正常に表示されています。これで無事設定が完了です。

ディスプレイドライバ10
ちなみに画面のプロパティを開くとこんな感じです。

オレの時は「RADEON X600 Series Secondary(Microsoft Corporation - WDDN)」で上手くいきましたが、もしこのドライバーで駄目なようなら他のドライバーを試してみてください。それでも駄目な場合は、すいません、オレでは詳しいことがわからないので他の人を頼ってください。。。

初めは上のブログで紹介されているATIのカスタムドライバが入手できずに途方に暮れましたが、あれこれいじくり何とか適応できた時は涙ものでした。これでもう少しだけこのノートパソコンを使い続けられそうです
プロフィール

じょじろ~

Author:じょじろ~
じょじろ~村の開拓推進チームのチームリーダーです。
気まぐれな仕事をしています。

じょじろ~村HPへ!!
↑寄ってって~♡

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード