FC2ブログ

前置きだらけの備忘録?(RECBOX HVL-AT3.0AのHDD換装)

最近、じめってはいますが気温的にそこそこ過ごしやすいですよね。
でも梅雨ってこんなに長かったっけ…?

6月はちょいちょい更新してたのにまたぱったり更新が滞っていたじょじろ~です。
しかもこの久々の更新が機械いじりの備忘録…。だらだらと興味のない文章を書きまくっているので適当にスルーしてくれて大丈夫です。
すぐ近況についてのブログを更新するつもりですので…、多分。

でまあ何で創作真っ最中のこの時期に機械いじりのブログなのかというと、自分は観たい番組は取りあえず録ってあとで観る派なんですが、創作やってる最中はほぼ観てないし、別の事をやってる時もやっぱり観ていない、というか描きながら観るっていう芸当が出来ないので、録ったものを観るのはいつも後回しなんす。
で、ここんとこそんな状態が続いていたので録画用のHDDはいっぱいいっぱい。
暫定運用として、観そうにない番組を消して容量を確保してる状態。
そんなことを続けていたら消すのをためらうものばかりになってしまいHDDの空きが作れなくなってしまいました。

観たら消すことがほとんどですが、たまに残しておきたいモノもあって、それは保存用のHDDに入れておくんですけどその保管庫も数年前からもう一杯で、そのまま録画用のHDD内に放置していたので余計に録画用HDDを圧迫していました。
そんなわけで今回以下の事をすることに。
・保存用HDDを倍の容量のHDDに換装にして容量アップ
・本編以外のCM部分をカットして一つ一つの番組の容量サイズ削減

特に残したいと思ったものは基本ブルーレイにも焼いているのでそれも合間に実施。まあこれはそんなに数ないし。

ちなみに保存用HDDとして自分はRECBOXというLAN-HDDを使っています。
最新の機種は欲しい機能がだいぶ削られているので、5年くらい前に出回ってたヤツを2台所有してて、今回はデータの移行作業も兼ねてもう一台手に入れました。新品は値段がつり上がっているので中古を(とはいえ中古も希少なのでそれなりに…)。どのみち弄っちゃうから保障対象外になるし新品の選択肢はハナからないです。
(ちなみに型番はHVL-AT3.0が1台とHVL-AT3.0Aが2台)
つーかそもそもの問題としてHDDは壊れたら中身が全部おじゃんになるので保管庫としてのリスクは高いんですよね。容量増やせばその分壊れた時のショックも大きいとは思います。だから特に気に入ったのはBlu-rayディスクに残すんですけど。(←これもリスクがないわけじゃないけど、常に稼働させるHDDよりはマシかなと)

そして実はそのリスクはもうすでに体験済みでして。
自分は結構前からひかりTVにも契約していてこちらでCS放送をバンバン録っていたのですが、こちらはほとんど手付かずでHDDいっぱいにしたままで予約も入れたままだったのが悪かったのか、気が付いたら2TBのHDDはご臨終となられていました…。
これは単なる推測ですが、家電メーカーのレコーダーはHDDがいっぱいになると「予約できないよ~」という警告を出してHDDには何もしないんですが、ひかりTVチューナーはHDDがいっぱいになっても何も言わないし、それどころか予約を入れたままにしておくと毎回書き込もうとするみたいなんですよね。現に録画リストを見ると録れてなくても番組タイトルは表示されていてその横に0%と表示されている。この録画リストのテキストデータがどこに保存されているかわかりませんが、もしかしたらもう限界状態のHDDのわずかな隙間に書き込んでいるのではないかと。それがHDDに負荷を与え続ける結果になり早々にお亡くなりになってしまったのかと思いました。HDDを常にいっぱいにしておくのはよくないって聞いたことがある気もするし。多分家電メーカーのレコーダーはHDDに負荷がかからないように設計されているのかもしれません。じゃなきゃ俺のレコーダーはとっくに壊れてると思う。
…つーか、話が長い。

ちなみにひかりTVのHDDに関しては放置が過ぎてもはや何を録っていたのか定かではないため、ショックはそれほどでもありませんでした。純粋に壊れた事に対するショックのみ。
使い方もあるけど、HDDは一定期間経ったら新しいものに変えたほうがリスクは低くなるので、その意味も含めてRECBOXのHDDを交換することにしました。既に買って5年以上経過しててメーカーの無料保証もとっくに切れてるし。

そんなこんなでリスクの多いHDD、それでもRECBOXに保存するのは便利だからという理由に尽きます。
自分は面倒くさがりなので、ディスクに保存したら滅多に観ることがなくっちゃうので、手軽に観れるっていうのが最重要課題でして。このRECBOXというやつは家の中だろうが、外出中だろうが、PCでもタブレットでも、スマホでも観れるのが最大の利点です。ちなみに最新の機種は家の中だけで、しかもスマホでは観れないらしい。
つかそれなら配信サービス使えばいいやん。って大半の人が思うだろうし、実際世の中がそういう流れになってきているのでRECBOXの後継機の機能がどんどんショボくなったのだと思います。今の時代、「録って残す」は時代遅れなんですよね。直近の放送されたものは1週間程度なら無料で観れるし、月額払えばもの凄い数の作品が見放題。一方「録って残す」はその作業もしなきゃならないし、手間です。壊れて消えるリスクもある。何でも簡単に享受できてしまう今の世の中に逆らってるとも言えます。
そもそもテレビ観ない人今多いですよね。映画もドラマもアニメもニュースもスポーツも、ほとんどのジャンルがネットから享受できる。ゲームも買い物も何でもネットで事足りる。
でも自分はそれが偏食に繋がるような気がして、自分の興味のないモノ、知りさえしないものを偶然見かけて興味を抱く瞬間が好きで、選択する世の中ってなんか自分に合ってないなあって思うんです。
保存してる番組はほとんど自分の好きな物ばかりではありますが、偶然見て面白いと思ったモノも保存ができていつでも観れるのは凄く自分にとっては便利なんです。ちょっとした5分程度の番組だったり、制作サイドや役者の不祥事とか時代の風潮に合っていないとかで世に出回らなくなった番組もあるじゃないですか。でも観たいものもある。その点においては録って保存は利点ですよね。

…つか、備忘録でした、今回。
相変わらず校長先生のようにグダグダと話が長くてなかなか本題に入らないので、いい加減余計な話はやめにします。
はい、ここから備忘録。

今回3台中2台のRECBOX(HVL-AT3.0A)を3TBから6TBのHDDに換装してみました。
用意したHDDはWDの青いやつ。(WD60EZAZ-RT)
6TBで1万円。随分安くなったよねHDD。

換装する際の細かい手順は
RECBOX(HVL-AT3.0A)のハードディスクを6TBに乗せ換えてみた
こちらのブログ記事を参考にさせていただきました。
※ただ「gparted」を使って6番目のパーティションを拡げる操作は、クローンコピー時の設定のせいなのか、掲載されていた通りの操作が出来ず(拡げられず)一度パーティションを削除し、未割り当てにした後、ファイルシステムを「xfs」にして新規作成しました。

大まかな流れは
①追加購入した空のRECBOXを3TB⇒6TBに換装して、容量いっぱいになってるRECBOXから録画データを移行(数日)

②移行して空になったRECBOXを3TB⇒6TBに換装して、もう一つのいっぱいになってるRECBOXから録画データを移行(数日)

③空になった最後のRECBOXは初期化して何かあった時の退避用に保管。

てなかんじ。合間にPC使って録画用HDDに保存してあるデータの編集をしておいて、RECBOXのHDD換装作業が終わったらそちらに保存します。
…ん?「します」?
そう、実はまだ終わってません。つーか①の最中。データ移行時間がクソ長ぇ…😇

今後は2台、計12TBを上限にして番組を残していくことにします。番組を無限に増やしていくのも大変だし。
RECBOXのデータ移行は録画データをすべて選択して一括転送すると5日間くらいかかるし、4分の1くらい転送失敗するしでわりとめんどい。その間ずっとHDD回しっ放しってのも環境的にどうなのかと…。
しかも一括転送すると送り元のRECBOXの転送後の情報再構築に割と時間がかかるので、数時間「コンテンツ操作」画面開こうとしても何も表示されず、長時間稼働させ続けたせいで壊れたのかと思いました。
結果的には数時間後、何事もなかったかのように正常に表示されたのでホッとしましたが…。
とまあそんあ事情の訳でして転送失敗した残りを何回かに分けて転送してる最中であります…。

ちなみにお役御免となった元々の3TBのオリジナルHDDはこれがないと換装したHDDに不具合があった時、直せなくなっちゃうらしいので、ケースに入れて保管することにしました。中身だけ抜いてBlu-rayにイメージディスクとして保存する方法もあるらしいけど(その場合は3TBHDDは他の用途に使える)、もう疲れたからヒマがある時にやる事にします。

長時間の作業で疲れたってのもあるけど、それよりなによりこれやっている間、全然創作はかどらなかったのが一番問題。

ちょっとスキームを見直して創作も合間にやりつつ、データ移行はちまちまやっていきたいと思います。


画像が一切ない上に長文だと読むほうも疲れますよね。
ここまで読んでくれた方、本当にありがとうございました。長文でスマソ。



※※ここからちょっと後日談※※

今回のブログを書いた後、ある問題点が発覚しました。
①トランスコーダーは正常
▲画面上は「正常」となってるけど、トランスコーダーが機能していないようです。
トランスコードとは、オリジナルのデータだと容量がでかくてネットの回線速度によってはまともに再生できないため、低画質に変換して低容量で配信することによってスムーズに再生できるようにする機能。
②画質選択画面
▲PCでの視聴は無圧縮で配信するから再生できるけど、スマホはトランスコードが必須なので画質選択の画面は表示されるものの再生はできない。選択画面が出るという事はトランスコーダー本体が認識していないのではないとは思うけど…。

③圧縮待ち
このトランスコードはオリジナルのデータそのものを圧縮保存する機能もあるけど、やはりそれも「圧縮待ち」のまま数日たっても変わらず…。

再起動とか初期化とかいろいろ試したけど改善せず、どうやらクローンコピーでも何かしらの不具合が出てしまう模様…。いえ、実のところ断定はできません。というのも、オリジナルのHDDに換装し直しても同様の症状が出たので…。
ただの映像保管庫じゃなくて、いつでもどこでも観れるってところにこの製品の存在価値があるのに、それが出来ない…。
そして、ショックを受けつつ今後どういう風にこれらを運用していこうか悩んで数日が経ったある日、

なぜかトランスコーダーが復活!!(∩´∀`)∩
無事スマホからでも再生できるようになりました。(▼圧縮保存もOK「HR」は圧縮されると表示されるアイコン)
④圧縮完了

一体何が起きたのやら、専門的な知識が一切ない自分としては全く理由はわかりません。。

取りあえず確実とはいえませんが暫定対処として、再起動が有効のようです。再起動ではなく、一旦シャットダウンして、しばらく放置してから起動した場合もトランスコーダーが復活した事があります。ちなみにチェックディスクでは一度も効果は見られませんでした。
思い返してみれば、再起動した後にトランスコーダーが使えなくなってた気もするので電源オンオフがトリガーなのかもしれません。

というか、さらに言うとこのRECBOXってシロモノは以前から動作が不安定と感じることがあったので、HDD換装自体はあまり関係なく元々こんな調子だったのかも。(これを言うと後日談の考察が水の泡ですが…)
今回顕著に不具合に見舞われたのはHDD換装にあたり、動作チェックとかを頻繁にしたから感覚的に多く感じただけなのかもしれません。普段は再起動や電源オフなんて滅多にしませんし。

…という事で、何が起こるかわからないRECBOXのHDD換装。探してここに行き着いた方もどうか自己責任で、おかしくなってもいいや位の気持ちでチャレンジして下さい。
最悪、有償修理ができるかもしれませんが、HVL-ATシリーズは2015年の3月に、HVL-ATAシリーズは2015年12月に生産終了していて、メーカーの修理期限は生産終了後5年らしいので、現時点でHVL-ATシリーズはもう受け付けてくれない可能性もあります。メーカーの部品の在庫状況によっては5年を待たずして受付終了となる場合もあるらしいので、その辺も考慮して臨んでください。
スポンサーサイト



長編ってめんどいよね…(そしてそこそこ長文です)

気温的には割と過ごしやすい今日この頃だけど日中雨が降ったりやんだりでなかなか洗濯が干せない日々。久しぶりにがっつり乾燥機回したわ。生地が縮むからあまり使いたくないんだけど、あればあるで便利だよね。


さて、今回は創作の話なんですが、ちょいとここ1週間ばかし現在創作中の漫画ではなく、「星に願いを☆」という遅延しまくり漫画の乱雑した設定とかの整理をしてました。
ふと練りが足らなくて気になってた部分について考えたい気分になったので。

そして話を練りながらメモってた時に…、というか、この作品に取り掛かっている時は常にふんわり思ってることなんだけど、この作品は設定やらストーリーの走り書きやら、資料やら、とにかく溜め込んだデータが多すぎる…(ネタ帳とかに書いてある分も含めて)
なのでいつも「あれ?前に思いついて書き残したネタってどこだ?」とデータ探しをすることが多くて、やっと探した時には加筆修正しようと思ってたことが何だったのか忘れたり、そもそもデータ自体が見つからず、(違う作品の設定を練ってた時に思いつくと、うっかりそこに書き込んでしまうことがある…)とりあえず忘れないようにと加筆修正の内容をメモっておくとそれはそれでまた行方不明のデータ候補として蓄積されるわけで…。
思いついたのをどんどん個別にデータ入力して保存しちゃうからごちゃごちゃになってるってだけで決してスケールの大きい世界観があるわけではないってところが悲しいところ。
つまりその中には同じシーンの微妙に設定が違うものがいくつもあるわけで、後で見た時に「どれが決定稿だっけ?」ってなってる…。
それがまあ、10年分あるわけだから把握するのも無理だよね。…10年。

とりまそんなわけで全体像を把握するために、ここ1週間くらいデータの整理に勤しんでました。
ストーリーは各章ごと1つにまとめ、設定や資料はわかりやすいタイトルつけてナンバリング。

でまあ整理をしていると矛盾点が見つかるので、修正したり新たな展開を追加したりで、余計に時間がかかるわけで…、気が付けば1週間経ってました。

今回まとめることになったこの作品、「星に願いを☆」のヴィオール編は元々長編が描きたい✨、という思いからスタートした話で、この物語に着手した2010年当時は前後に分かれた2部作の予定でした。大体全80ページくらいの予定だったかな。
当時の設定とか見てると何とか辻褄合わそうとクソどうでもいいエピソード追加して、その説明のための設定を追加して、さらにそれを説明するために設定を作って…、というまるで一つ嘘をついたがためにどんどん嘘が増えていって破綻していくという実生活でやると地獄のようなスパイラル状態になってたみたい(;´∀`)2012年ごろにちょっと疲れちゃってほとんど創作してなかった時期があるんだけど、多分これその頃のだろうな。
創作はしたいけど「星に願いを☆」という作品に縛られて創作が出来ないのがストレスに感じて、翌年「少年恋物語」という別の作品を描きました。これをきっかけに一つの作品で壁にぶつかった時はとりあえず気分転換に他の作品を描くっていう流れが出来た気がする。その翌々年にはまた別の作品描いたし。
この気分転換が功を奏して、この間に自然と余計なエピソードや設定が削られていって2016年にようやく第1章となる話を出せました。(「星に願いを☆」の作品としては3作目)

そんじゃ、あとはトントン拍子に、…というわけには行ってないのはじょじろ~の創作状況を知ってる人たちはご存じかと思いますが、その後の続編はまだ出してません。もう4年…。
でもまあ、「星に願いを☆」という作品に関してはまだちょっと迷走してた部分もありますが、この4年は自分の中で話の創り方に対して自分の納得する形への意識改革が起こった4年でもあるので無駄に過ごした感覚はあまりないです。
というかまあこの意識改革のせいで「星に願いを☆」という作品が再び迷走した、とも言えますが。

第1章を出した翌年に描いた恋愛漫画をきっかけに話づくりの根本的な考え方が変わってしまったため、従来のやり方で話を考えていた「星に願いを☆」をこのまま描き進めるのに躊躇いが生じてしまったのです。2018年は何とか改稿しようとしてましたが、ぶっちゃけ全然いい案が思い浮かばず、2019年はまた別の作品に取り掛かることになりました。
思えば2017年、心の底から納得できる作品を創る事が出来て「これこそが俺のやり方だ!」と思い込んでしまったのが迷走の始まりで、同じように話を創ろうと思ったけど、ジャンルが違うし、すでにメインの話の流れが出来てる作品を同じように作れるわけがなく、答えが出ないまま時間だけが過ぎていったのです。

でも去年、2019年に違う作品に取り掛かったことで変なこだわりがなくなり夏ごろから次第に「星に願いを☆」の事を考えるようになりました。
そして今回、データ整理をしつつ話を最終案として構築する中でようやく「星に願いを☆」という作品として納得できるものになったのかなあと思います。
“創り方”に固執して迷走したけど、今はその時の描きたいモノを大切にしながら作品ごとに創り方は変えていいんだと思っています。そもそもすべてが自由にできる創作なんだから自分で縛りを付ける必要なんてなかったんだと。

とはいえ、“描きたいモノ”を詰めている間にどんどんボリュームが増えてきて、結果今では全5章の話になりました。(あとちょいネタのエピローグ編と特別編も予定あり)
全部で大体300ページくらいかな。(残り260ページ…)うん、立派な長編になった…。

第1章が描き終わった頃はあと150ページくらい描かなきゃとか思ってたけどいつの間にか膨らむだけ膨らみ一つの物語で300ページって…。 さすがにもうこれ以上は増えません。というか増やしません。

ゴールの盛り上がりに向けてガ―っと勢いで描くこともできる短編と違って、長編って勢いだけだと間が持たないし、途中だらだら描くと読んでて飽きてしまうから、その長いストーリーの中にいくつものエピソードを散りばめないといけなくて、でも面白さを考慮するならエピソードがそれぞれ浮きすぎててもダメだし、なんなら個々のエピソードをラストに向けてちゃんと繋いでいく仕掛けを作ったり、ところどころ伏線も貼ったり、その上で辻褄が合っているのは大前提なので、その全てをちゃんと整えるのってかなりしんどいです。。
これでラストまで読んだ人に「微妙な話だったな」って思われたら…と思うと、なんてコスパ悪いんだ!と叫ばずにはいられません。(面白いと言ってくれと要求してるわけではありません。素直な感想いただければありがたいです。)

とりま、ようやく細部のエピソードも埋まり物語としての「星に願いを☆」ヴィオール編が出来てきたので、一日でも早く皆様にお届けできればと思っております✨
今回は割と文章ばかりの長い話になってしまいましたが、最後まで読んでくれてありがとうございました(*´∀`*)

“夏のトイレは暑すぎる”問題

特に暑がりな自分の場合の話なんですが。

というわけで前回のブログの続き、トイレに関するお話です。

一応小窓はあるものの用を足す際はドアは閉めるので空気の流れがなく結局暑い。一人暮らしとはいえドアを開けっぱなしで用を足すのもニオイ的な面でちょっとね…。

これは実家にいる時から不満に思ってたことで、確か実家では一時期小さな扇風機が置かれていたこともあったような…(記憶が定かではない)
結局実家としては対応策としてウチワが置かれるようになりました。

なのでそれに倣ってじょじろ~んちにもウチワが常備されているわけですが、手元付近に置くところがないため棚の端に引っ掛けて置いてあり座ると届かないのとそもそも高い所にあるためいちいち取るのがめんどくさくて実際はあまり使ってないです。なので毎年夏にトイレを使う時はうんざりしながら入ってました。
うちのトイレ図解

扇風機置けばいいじゃん、とか思うかもしれませんがうちのトイレはコンセントがないため、置くなら電池式。使いたい時に電池が切れてちゃ意味がないので定期的に点検しなきゃならないわけでして、まず自分はそれしないだろうと思ったわけです。。
しかもやっぱりウチワと同じで近くに設置するのは難しいので付けるなら棚にクリップ式で、となるので電池式の扇風機で風がちゃんとくるかなあと思っちゃうわけですよ。それに座った後だと手が届かないのもウチワと同じ。
まあどれも便利とはいいがたい…使わなくなるのがオチだろうと思って半ば諦めてました。

そんな暑い夏が徐々に近づいてきた先日、梅雨入り前の一足早い蒸しっとした天気の中、部屋の芳香剤を買おうとホームセンターに行きました。買い物をする前に少し火照った体を冷まそうと扇風機のコーナーに寄った時、とあるものが目に入りました。そう、これが前回のブログで言ってた「素敵アイテム」です。

お店で見つけたもの
じゃ~~ん✨ライトとサーキューレーター(扇風機)が一体になった製品、CIRCULIGHT(サーキュライト)。
これ、電球のソケット部分から直接電源取るのでコンセントいらないんすよ。しかもLEDだから扇風機と併せても今の白熱電球より電気代が節約できるし。(消費電力最大で約13W)
ちなみに値段は写真にも写ってますが税込みで7千円越え。電球として考えれば財布には優しくないけど、懸念材料だった数々の問題点がこれ一つで全てクリアできるんすよ。ちなみにデモ機として実物が飾られていたので風の強さも十分なのは確認できました。

家に帰りAmazonで調べたら数百円の割引クーポンもあったので、さっそく購入。
で数日後届き、いざ開封の儀。
開封の儀その1 開封の儀その2
ソケットの口金サイズ「E26」というは一般的なサイズらしいです。

ここで一つ、購入したいなあと思った人向けにちょいと注意なんですが、この製品2019年発売のものと2020年発売のものがあって、Amazonでは1000円くらい違います。2020年(今年)発売のものは製品名の前に【2020年モデル】の表記があります。

この発売時期の異なる2つの製品の違いですが、一つは風量アップで静音性もアップとパッケージで大々的に謳っています。比較ができないので正直よくわかりませんが実際に使ってみると
2020年版でも最大にすると割と音がします( ˘ω˘ )

もう一つの違いは、サーキュレーター(扇風機)とライトが独立してオンオフできるようになった点です。2019年版でもサーキュレーターをOffにしてライトだけ使う事はできますが、ライトのみをOffにする事ができないのでサーキュレーターを使う時はライトは付きっ放しです。設置する場所によっては昼間は明るいからライトは付けないという使い方が想定されますが、それが出来ないんです。Amazonのレビューでもそれで失敗したと言ってる方がいます。ちなみにライトを消すには壁スイッチをOffにするしかないんですが、当然サーキュレーターもOffになります。購入の際はこの点に気を付けて自分の用途に合った方を選べばよいかと思います。
自分はトイレ使用で必ず電気を付けるので2019年版でも良かったのですが、新しい物好きなので2020年版にしました(笑)

風量の調節(3段階)やライトの調光(2段階)は全てリモコンでの操作で、壁スイッチでOffにした時に前回の設定が記憶されるので便利ですね。あとサーキューレーターだけ使っててうっかり切り忘れても12時間経つと自動でOffになるらしいです。

興味を持ってくれた人のために、この製品「サーキュライト」のメーカー製品ページのリンクを付けておきますね。リビング用のでかい製品もウン万円で販売してるみたいです。
CIRCULIGHT(ドウシシャ)

下の2つの写真は取付前と取り付け後。明るさも問題なし、というか明るくなった気もする。
取り付け前 取り付け後
 
ちょっと小さいですが動いてる様子も載せときます(ブログの画像最大サイズが2Mなので動きを入れるとこの大きさが限界…)
circulight.gif

そもそも我が家は冬はクソ寒くて、夏はクソ暑いという最悪な環境なので送風だけでどうにかなるのか?という不安がないわけではないですが、少しはマシになっててほしい…!
ただ今年は猛暑になるとか言ってますけどね。。

ちなみに座った状態で、弱でもそよ風程度には風を感じられます。強だと割としっかり風が来るんですが、音がね…。
それ以上の音量で鼻歌歌えば気にならないはず!👍

てなわけで、実際暑い時に使ってみてからその感想とやらを追記したいと思います。

超ひっさびさにトイレ掃除をした

前回のブログで漫画制作、絶賛横道逸れ中と言ってましたが未だたまに脱線気味のじょじろ~です。

まあ完全に脱線してるわけじゃないんだけど、そうしてるうちに非常事態宣言は解け仕事はいきなり通常モードに戻りました。。
段階踏んでよ…とかも思ったけど、出勤人数増えたので仕事量が少し落ち着き、それはそれで良かったかな。

でも急な通常運転に多少疲れてたのか、ここ1週間くらい仕事から帰ると何もせずウトウトしてしまうというアカン状態に。
脱線+ウトウトでさらにペースが…ってことが続かないようにしないと…。

でまた脱線と言えば脱線なんだけど、半日かけて家の中を掃除しました。
普段あまり掃除しない俺でもフローリングの隅の埃が目立ってくるとさすがに気になるんでたまーにしてるんですが、一旦めんどくさくなって汚れたままにしておくとなんかもう手を付けたくなくなって、その後放置しちゃうことってありません?
俺の場合、その一つがトイレです。あまり掃除をしないという人でもトイレは割と清潔だったりするんですが、じょじろ~の家のトイレは本気の放置プレイで部屋の半分から奥の足を踏み入れない部分の床は埃のカーペットが…。
うちのトイレは小窓もあるのでそこも外から入る砂ぼこりがふんわり溜まってるし、ちょっとおしゃれ感を出そうと便器の上の水が流れる部分には百均で買ったフェイクグリーン(増加の葉っぱのことらしい)を置いたんですが、その葉っぱにもうっすら埃が…。足元のマットや便器の外ブタのカバーなんて設置後、一回も外してない\(^o^)/
便器自体は多少拭き掃除はしてるんだけど、その周りはホントなんもしてなくて……
…ええっと、5年は越えてるかな?

…なんかここ読んでる人がドン引きしてそうな気がして怖くなってきた。。


でもそんな状態にも終止符を打とうとがっつりやってやりましたさ!
百均でトイレに流せるシート沢山買ってきて、埃が落ちるので高い所から順にひたすらごしごしごしごしごしごしごしごしごしごしごしごしごしごしごしごしごしごしごしごしごしごしごしごしごしごししまくってやりました。
その前にカバーやマットは風呂場でごしごしごしごしある程度汚れを落としてから洗濯機にぶっこんでおきました。
窓枠に置いてあった芳香剤のケースは経年劣化で触れただけでボロボロ崩れたので処分しましたが(これだけ数十年経ったような状態…)、とっくに切れていたブルーレットも追加してついにトイレがピッカピカになりました✨✨✨
床ってこんなにツヤツヤしてたんだな…。
ファブリーズもしたし、あとは干してあるカバーとかを再設置すれば完全復活です!
ああ、ようやく懸念材料の一つ“便器以外が汚いトイレ”が解消された。。

うん、やっぱりトイレがキレイって大切だよね。
これからはもっと定期的にキレイにしていこう、美人になるために。

なんで今回ずっと敬遠し続けていたトイレ掃除をしたのかっていうと、先日ホームセンターに寄った時トイレに設置できる“とある素敵アイテム”を目にしたからでして、これを設置するのを機にトイレを綺麗にしたいと思ったからであります。いや、むしろ綺麗にしてからじゃないと設置したくない、というのが正解だな。
その素敵アイテムについては設置した様子を含めて後日ブログにて紹介したいと思います。
今は届くのをワクワクしながら待ってるところです
(ホームセンターよりネットの方が安かったのでネットで買いました)

道草を食す俺氏

自宅勤務が増えて創作時間が取れるようになってまさに漫画進行絶好のチャンス!!…なハズなのにフラフラと寄り道ばっかりしてるじょじろ~氏であります。。集中力が続かないorz

んで、ここ数年で描いたイラストでもサイト上にアップしとこうかなと思い立って作業を始めたんだけど、どうせなら今まで描いて載せてなかったやつ載せてみるかと過去のフォルダをガサガサと漁ってたら、ちゃんと描いたやつと簡単に描いたやつ含めて40点くらい出てきた…(ほとんど簡易的なやつだけど)

期間は初めてデジタルで絵を描いた(というか彩色した)2002年から今年に至る18年分!…としたらやっぱ全然少ないよね。ただイラストはあまりモチベ上がらない漫画描きだからもっと描いてないと思ってた。特に2012年は1年間まったくラクガキすらしてなかったと思ってたけどブログ用に少し描いてたみたい。

サイトを作った時、ホントに載せるものが少なすぎて小出しにしようと思ってとっておいたものが結局そのまま放置してたってのもある。最初は1ヶ月に数回、定期的に更新しようと思ってたんだよ。ほんとだよ。

ほかには描いたことすら忘れてた設定画や、描きかけのカラー絵とか。

描きかけのカラー絵は多分描かな…、描くようにしたいと思います…うん、なるべく。。

とりま、大量にイラスト放り込んだのでサイト内コーナーの「じょじろ~美術館」覗いてやってくだせい。コロナの影響関係なく開館中です。

時系列に並べているため既に載せてあるものよりも古い絵は後ろに来てしまい追加分がわかりづらくなると思ったので、今回追加した分にはサムネイルに「★」マーク付けておきました。
それと漫画の表紙絵と人に贈った絵や依頼された絵は基本的に載せてないです、つもりです。
pixivに上げたのに、サイトには上げてなかったのも今回追加したので、pixivで見たことある人にはそれほど目新しさないかもしれんですがご了承くだせえ。

中には一言ではなくがっつりコメント入れたりしたので、割と仕事した気分になったわ…。
とりま、寝ます。(今明け方5時過ぎ…)
プロフィール

じょじろ~

Author:じょじろ~
じょじろ~村の開拓推進チームのチームリーダーです。
気まぐれな仕事をしています。

じょじろ~村HPへ!!
↑寄ってって~♡

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード